OLG

MORPG

 

 

 

Monster Hunter

2004年3月11日に株式会社カプコンから発売されたオンラインアクションゲームで、略称は『モンハン』。

発売前はプレイヤーや各メディアからそれほど注目を受けていなかったのですが、その独創的なゲーム内容から口コミで人気となり、今やカプコンの代表作と言えるシリーズへと成長しています。カプコンも、まさかこんなにプレイヤーが増えるとは考えていなかったらしく、発売からしばらくの間、サーバーの能力不足によるサーバーダウンが相次ぎ、サーバー増強を、幾度も繰り返し行っていました。

プレイヤーは“ハンター” となって、村や街で依頼を受け、特定のモンスターの討伐・捕獲やアイテムの運搬・採取等の様々な「クエスト」に挑み、時には身の丈より巨大な武器を振り回し、時には小回りの利く武器で狩猟対象を翻弄しながら、巨大な“飛竜”を始めとするモンスターハントすることによってクエストを達成していいます。最終目的はなく、クエストの成功報酬や狩猟したモンスターから素材を剥ぎ取って、それを素材として自分の武装、武器を作って強化していき、より手強いモンスターと戦う事が目的となります。

成長要素としての「レベル」等は存在せず、キャラクターの動作そのものは、プレイヤー自身のテクニックによるところが大きく、しかもどんなに防具などを強化しても気を抜くとあっという間に倒されてしまうこともあるという絶妙な難易度設定になっているため、うまくなるにはやり込むしかありません。「職業」のような区別なく、所持品の中から自由に持ち替えられる武器によって操作方法や攻略方法が大きく変化します。これが様々なプレイスタイルと共に新しい感覚を生み出しています。しかし一部の武器の性能に関してはシリーズごとに偏りがあるとの批判もあります。

オフラインではココットという辺境の村、オンラインではミナガルデという大きな街を拠点とし、「森と丘」や「砂漠」など、特色豊かな狩場へと向かいモンスターと戦います。武器は「片手剣」「大剣」「ランス」「ハンマー」「ヘビーボウガン」、「ライトボウガン」の6種類。防具は、同一モンスターの名を冠した防具を統一して着用すると発動します。

元々は有料のオンライン専用ゲームとして開発が進められていたそうですが、環境の整っていない日本ではオンンライン専用は売れないという風潮があり急遽オフラインでも遊べるモードが付け足されたそうです。そのためかオフラインでのゲームスタイルは追加要素的でゲームの醍醐味を完全に味わうことができません。しかしシリーズの中でも『モンスターハンターポータブル』、『モンスターハンターポータブル2nd』の2つの作品ではプラットホームが携帯機という事もあり、オンラインだけでなくオフラインを前提とした環境やシステムが充実しており、無料のネットワーク環境と共に「オンラインが強制されない」という意味において評価が高いようです。

「狩猟」をテーマにした独特な世界観、あくまで“巨大な生物と対峙し、狩る”というリアリティに拘ったシンプルな描写、オンラインによる共闘等の斬新な要素で根強いファンが多く、ゲーム内には『○○の生態』のように、動物番組を思わせる生態紹介CG映像も記録されています。また、この作品を題材とした小説を始め、フィギュア、ドラマCD、トレーディングカードなど多方面でメディアミックス展開されています。

おすすめWEBサイト 5選

2018/7/19 更新