OLG

MORPG

 

 

 

 

Phantasy Star Online

セガが運営するオンラインゲームで、PSO、プソと略されることが多いです。

2000年12月21日、ドリームキャスト用ソフトとして発売され、日本の家庭用ゲーム機用オンラインゲームとしては初めての成功を収めたとと言える作品です。後になってバグや難易度、レアアイテムなどが追加変更された「Ver.2」が発売され、ドリームキャストが生産終了した後もプラットフォームを変えてバージョンアップ版が発売されていました。

元々セガのゲーム機であるマスターシステムやメガドライブで発売されていたファンタシースターシリーズの流れを汲む作品なのですが、ストーリー内容としては具体的に過去作との繋がりはほとんどなく、前作をプレイしていなくても問題はないようになっています。

また基本的にネットワーク対応というだけで、シングルプレイ用のオフラインモードもありゲームのプレイには必ずしもインターネットの接続は必須ではありません。一時期は海外のユーザーとも共にプレイできるサーバーもありましたが、基本的にオンラインモードも大規模な世界を多人数で共有するゲームではなく、比較的小さな空間を比較的少人数(最大4人まで)で冒険するゲームという作りになっています。

最近ではよく目にしますが、発売当時としては「オンライン」が付くことはあまりなく珍しかったため、内容をよく知らないユーザーやオンライン環境が整っていないユーザーには振り向いてもらえないという問題もありましたが、実はオフラインモードでもプレイできるというのは珍しく、最近のオンラインゲームのようにオフラインモードが存在しているとしてもネットワークに接続してプレイしないと本格的に楽しめないというタイトルが多い中、オフラインモードもかなり充実しているという点も特徴的です。「一人でも楽しめるが、オンラインで協力プレーもできるRPG」として人気を博しました。

ゲームとしてはある程度習熟すると比較的短いプレイ時間でも楽しめる作りになっていたため、アクション要素が強くなっています。その一方で容量の問題からストーリーに関する表現はかなり淡白な作りになっていて、普通のロールプレイングゲームとは違い、街は最低限の機能をもったものがひとつだけしかない。また、時間の概念として現地時間ではなくインターネットタイムを導入していて、インターネットタイムによって一部の武器の攻撃力が可変するといったイベントはあったものの、いわゆるマップの天候や昼夜などの時間によるマップの変化などはありません。。

インターネットに接続することによって追加クエストなどをダウンロードできたりと拡張性を意識した作りでしたが、追加されたシナリオのバリエーションとクオリティはあまり高くなく、特定の地点まで行ってアイテムを取ってくるといったお使いクエストが大半を占めています。そのことからドラゴンクエストのような物語性を重視するプレイヤーよりも、ウィザードリィや不思議のダンジョンといった黙々とレベルを上げたり、アイテム探索を行うことが好きなプレイヤー寄りの内容といえるでしょう。なお、Windows版ファンタシースターオンライン ブルーバースト以前のバージョンでのセーブデータは、すべてゲーム機本体やメモリーカードなどに保管されるローカル保存形式をとっていたためセーブデータを改竄するなど違法行為も目立ちました。。

オンラインサービスとしては2007年4月1日0時10分をもって、ドリームキャスト版とゲームキューブ版のオンラインサービスが終了。また2008年1月31日23時59分、XBOX版のオンラインサービスも終了しています。現在オンラインモードのサービスが残っているのはWindows版のファンタシースターオンライン ブルーバーストのみです。

注目サイト

Last update:2019/7/10